ミネラルウォーターにはめがないひとのページ♪


この記事は現在アナフィラクトイド紫斑病で苦しんでいる方に向けて少しでもお役に立てればと思い、私の実体験をそのまま書きます。

こちらの記事はその?になります(文字数制限が超えてしまったので)。その?を見たい方はこちらを見てください↓

http://ameblo.jp/katu-a/entry-12128060976.html

≪2016年2月24日(水)≫発症から19日目

※斑点はほとんど見えなくなった。

※こちらは右足。

※再発した太ももは完ぺきに消えました。2週間以上歩いていないせいか筋肉がガッツリ落ちた。

※外くるぶし右。

※外くるぶし左。

あとは外くるぶしさえ治れば歩けるようになると思われる。完全に違和感が消えるまで安静にしないとすぐに再発する。これは自分の経験からも、他の体験記を読んでも間違いないことなので、腎不全などに発展した場合に起こる関節痛や腹痛や血尿や吐き気といった症状が出ない限りは病院にも行かずにひたすら安静にした方が良い。入院の場合は「トイレ以外は絶対安静」らしいので、その点は家でも同じだと思う。
≪2016年2月25日(木)≫発症から20日目

状況はそんなに変わっていないが、亀のようにノロノロゆっくりと良くなっている感じ。明日から4日間東京出張の予定だったが今回もキャンセルした。10万円以上する2日間講座に申込んでいたんだけどな・・・(キャンセルポリシーは1週間前までにキャンセルしない場合は全額負担)。汗

まあ、全ては自己責任です。修行と思って乗り越えよう。。。
≪2016年2月26日(金)≫発症から21日目

外くるぶしの赤黒い部分は腫れが引くと同時に出てきたんですが、腫れが完全に引く頃に触ると石のように堅かった。おそらく内出血して、血が固まっていたのだと思うのだけど、今日起きて触ってみると少し柔らかくなっていた。良い傾向だと思われる。

毎日のようにお見舞い品を頂いたり、FBやLINEを通じて応援の声が届く。1つ1つの声をパワーに変えて完治させるんだ。がんばろう。
≪2016年2月27日(土)≫発症から22日目

見た目の変化は特になし。ステロイドはヒルドイドクリームの件で止めてからずっと使っていない。後は自然治癒に任せて己の身体を信じよう。免疫を上げる為にミネラルウォーターを多く取り、なるべくフルーツや野菜を多めに取っている。後はタンパク質はプロテインを控えて、納豆や鶏肉で補給。この病気は腎臓への負担は絶対NGらしいのでタンパク質の過剰摂取は気をつけたいところ。引き続き安静に徹しよう。
≪2016年2月28日(日)≫発症から23日目

※右足の見た目はかなり元通りに近い状態まで来ました。

※腫れもほぼなし。外くるぶしの黒ずみも消えかかっています。

※左足はまだもう少しかかりそうですが、順調に回復しているように思う。

この病気を早く治すコツは、足に対して、「立たない」「歩かない」「冷やさない」「下げない」の4つを徹底することかと思います。これを発症時に知っていればどんなに楽だったか。極限に理想の状態はトイレ以外は足を動かさない状態です。

あと、そういえば私のような一人暮らしの人はイオンや西友がやっているネットスーパーを利用しましょう。友達に聞いて早速、利用してみましたが、ものすごく便利です。これで買い出しをお願いしなくても大丈夫そうだ。もっと早く知っておけば・・・。ネットスーパーは便利すぎて完治後も使うかも。笑
≪2016年2月29日(月)≫発症から24日目

歩けなくなってから一度もゴミを出しておらず、さらに22日に開催した料理イベントで出た大量のゴミもずっとベランダに放置状態だったのですが、前の会社の仲間M君とその奥さんが朝から来てくれて捨ててくれた。朝食も作って来てくれ、お土産まで頂いて感謝いっぱいで1日がスタート。

最近はとにかく寝る時間を増やしている。それが完治に向けた最速の対策だと感じている。従って朝と夜が逆転というよりぐちゃぐちゃになっている。今週は事務所でのお客様との打合せをすでに3件入れているので朝夜はしっかり戻さねば。まだお客様先に出向くことはできませんが、徐々に仕事モードにしていこう。引き続き無理は禁物ですが。
≪2016年3月1日(火)≫発症から25日目

見た目に変化はない。痛みも立とうとしない限りはほぼなし。

ときどき起こることの1つが、ふくらはぎが異常に冷えるということ。触ると冷蔵庫に入れていたのか!?と思うほど激しく冷たい。痛みは特にないが。セラミックヒーターを使ってしっかり温めよう。

15時頃からダルさで出て横になる。夕方は腹痛が・・・・。病院の先生が「腹痛になった場合、腎臓に影響が出ている可能性が高いのですぐに病院に来てください」と言っていたことや、アナフィラクトイド紫斑病の体験記を読むと40%くらいの確立で腎臓に影響することがある(しかも治りかけに起きやすい)ことが頭を過る。明日起きてまだ腹痛が続くようであれば救急外来に行こう。
≪2016年3月2日(水)≫発症から26日目

朝起きると昨日の腹痛はなくなっていた。ひと安心だけどまた感じるようなことがあればすぐに病院に行こう。痛みを感じることも減っているが、やはり足を上げていないと痛みがすぐに出る。普通に座っていられるのは小一時間が限度だ。引き続き安静にしよう。
≪2016年3月3日(木)≫発症から27日目

特に変化はなし。変化はなしと言いながら見えるか見えないかくらいの微差で徐々に回復しているように思う。一昨日に発生した腹痛も特に感じることはない。回復に関しては順調なのかそうでないのかいまいち分からないが、順調だと思い込もう。笑
≪2016年3月4日(金)≫発症から28日目

ここまでくると見た目の変化が全然ないという現実が続く。左足のふくらはぎにしこりみたいなのができている。立とうとするとそこがとても痛い。次に病院に行く際に聞いてみよう。昨日はパーソナルトレーニングジムのお客様との打合せ時にリハビリ方法を教えてもらい、今日は接骨院のお客様との打合せで足を冷やさない方法を教えてもらった。ありがたい。早く治してお客様に貢献しよう。
≪2016年3月5日(土)≫発症から29日目

高校時代の友達が数名お見舞いに来てくれた。久々にこんなに笑ったなというくらい笑った。いろいろお見舞い品も頂きありがたい。友達の子供達にも癒された。もうすぐ発症から丸1か月。早く歩きたい一心だ。
≪2016年3月6日(日)≫発症から30日目

右足の完治は近い気がする。見た目はとても良い。

外くるぶしの赤黒さも少しずつ減ってきている。

問題はこっちの左足だ。引き続き安静にしょう。
≪2016年3月7日(月)≫発症から31日目

引き続き変化はない。右足は指もかなり動くようになった。左足の指は少しでも動かすとまだ痛みが走る。ちなみに足首もほぼ動かせないです。
≪2016年3月8日(火)≫発症から32日目

発症から1ヶ月以上が経つ。右足に関してはあと数日で完治するような気がする。他のアナフィラクトイド紫斑病の体験記を見ると紫斑が消えてからここまで歩けない状態が続いている人はいない気がする。何なんだろうか・・・。
≪2016年3月9日(水)≫発症から33日目

右足はほんとにあと少しだと思う。ダスキンで松葉杖をレンタルしたので、明日、試しに使ってみようと思う。使えるようだったら週末に東京出張に行くかも。とても大切な用事なので悩ましい。苦渋の決断とはこのことだ。
≪2016年3月10日(木)≫発症から33日目

あまり変化なし。どうしても土曜までに治ってほしいので、一か八かでステロイドクリームを塗ってみた。凶と出るか吉と出るか・・・。
≪2016年3月11日(金)≫発症から34日目

病気のまま迎えた3.11。早く働きたいという焦燥感の中で、生きているだけでも感謝ということに気づかされる。

ちなみに松葉杖と車いすをレンタルしているんですが、私はダスキンヘルスレントを利用しました。※1ヶ月レンタルで車いすが2,900円、松葉杖が1,500円です。ご参考までに。

入院をした場合はかなり高額になるようですのでこちらの体験記を参考にすると良いかと↓

http://wotak.net/bodycare/purpura/recover-completely/
≪2016年3月12日(土)≫発症から35日目

結局、東京出張はキャンセルに。状況は特に変わらず。
≪2016年3月13日(日)≫発症から36日目

ステロイドクリーム(ヒルトイドクリーム併用)を塗っていた足のくるぶし付近や甲にまた紫斑がボツボツでき始める。やっぱりダメだ。クリームはもう二度と塗らないと決めた。痛みはなし。
≪2016年3月14日(月)≫発症から37日目

またちょっと腫れだしたのでひたすらベッドで横になった。座って過ごすよりもずっと横になる方が断然回復が早いことに気づく。なんとなく分かってはいたことですが、1日横になるというのが苦痛で仕方ない・・・。
≪2016年3月15日(火)≫発症から38日目

今日も1日横になって過ごす。右足は違和感がかなりなくなっている。左足はまだ1週間以上はかかりそうだ。明日は病院なのでヒルドイドクリームを併用しないタイプのステロイドクリームをもらおうと思う。
≪2016年3月16日(水)≫発症から39日目

今日は久々の病院へ。車いすのまま何とかタクシーに乗ることができた。外の空気を思いきり吸えるのが贅沢に感じた。大須から赤十字病院までの間に名古屋駅を通過するので多くの人が歩いている姿が羨ましくて仕方がない。

病院ではまずは尿検査をするが今回も異常なし。未だ車いすの状態に驚かれる(1ヶ月くらい前の初診の地点で「3~4日で歩けるようになると思います」と言っていたら驚くのも当然か・・・)。再度、ヒルトイドクリームを塗ると紫斑が増えることを訴え、違う薬を要求すると、「もう薬ナシで大丈夫ですよ」と。外くるぶしのヤケドように紫斑が黒ずんでいる痛みの根源の部分を説明しても「それは紫斑ではないので・・・何かぶつけたとかではないんですか?」と・・・。怒りを通り超えて笑えた。おそらく私のケースは稀なんだと思われます。

さらに、足首を動かすと痛むという話しをすると、「ちょっとずつでも歩く練習をして足を動かした方がいいと思いますよ・・・」と。歩くどころか立つだけでも激痛だし、その後に紫斑や腫れが再発すると言ってるのに・・・。と久々にキレそうなくらい頭にきた。

もう薬はいらないと言われましたが、怒りの限度と、もういい加減仕事をしたい限度がMAXに達していたので、超無理矢理ステロイド(プレニン錠5mg※1回2錠)を出してもらった。

もうね、本気で病院が嫌いだ。この怒りをどこかにぶつけたいが、もう三十路を過ぎたおっさんなのでおとなしくプラス思考、陽転思考をして完治後の仕事で爆発させることにします。とほほ。

病院の先生が詳しくなさそうな場合は、病院を変えるか、とにかく病気の体験記をなるべく多く見ることをオススメします。ブログに薬の名前も載せてくれている人もいますので、自分からその薬を請求するのもアリだと思います。
あとはこの左外くるぶしだ。ステロイド様様!効いてくださいませ!
≪2016年3月17日(木)≫発症から40日目

ステロイド(プレニン錠5mg※1回2錠)の効果は覿面のように思う。足首が1日ですごく曲がるようになった。ただし、離脱時のリバウンドがあることを事前にしっかりと認識した上で気を緩めないようにせねば。

昨日も言いましたが、もし病院の先生が無知そうであれば私のブログ以外でもネット上の体験記を参考にしてみてください。前にもリンクを貼りましたが、私が参考にしていたアナフィラクトイド紫斑病体験記ブログ記事です↓

http://plaza.rakuten.co.jp/siawasenasippopo/2003/

http://furotarou.way-nifty.com/moon/2013/12/post-e2b1.html

http://wotak.net/bodycare/purpura/recover-completely/

http://www7a.biglobe.ne.jp/~writer/med/sihan/

http://ameblo.jp/maacocc/entry-11817570304.html

http://camppapa.blog.fc2.com/blog-entry-30.html
≪2016年3月18日(金)≫発症から41日目

ステイロイドの効果で足首がどんどん柔らかくなっている。そして全く眠くならない。怖いほどに・・・。副作用が怖いので今日は飲まないことにしよう。夕方から事務所で料理イベントがあるしね。

そして赤黒く触ると堅かった両足の外くるぶしがみるみる柔らかくなって、今朝ポロポロと黒ずみがかさぶたが取れるかのように取れていった。ああ、感動。ステロイドの効果は本当にやばい。

こっちが右足。白くなっているのが黒ずみが取れたところ。

左足も急速に良くなっています。
≪2016年3月19日(土)≫発症から42日目

恐れていたことが現実となった。。。

ステロイド(プレドニン)の副作用で「睡眠障害」があると医者から聞いていたのですが、昨日の地点で3日経って3~4時間しか寝ていないのに全く眠くない(むしろハイな状態で集中力も非常に高かった)という生まれて初めて味わう気味の悪い状態だった。

妙なハイな状態は時にして体がフワフワするような感覚もあり、足の状態はどんどん良くなっているものの、自分の体があまりに非人間的な気がしてしまい妙な焦燥感があった。何だかステロイドを服用し続けることは人間を辞めるような感覚がしたのだ。

そして昨日はステロイドを飲まない決断をしたわけですが、実は昨日の夜(確か23時頃)の地点で紫斑が一気に復活・・・。

ここまで一気に再発したのはこの病気になって初めてだ・・・。

あと、急速に回復していたので、昨日私の事務所で行われた料理イベントでお酒(缶ビール3本とワイン少々)も飲んでしまったのも原因だと思う。これは完全に自業自得ですね。

でも、昨日はステロイドを飲まなかったので4時間くらい寝ることができた。そして昼にまた眠くなりそこから7時間くらい寝た。紫斑が再発したショックは大きいですが、人間らしい睡眠を取り戻すことができた喜びの方が大きい。

しかし、さらに終わりが見えなくなったショックは隠せない。が、頑張るしかない。
≪2016年3月20日(日)≫発症から43日目

ひたすら眠かったのでずっと寝ていた。今まで眠れなかった分の反動が一気に出たのだと思う。汚い話しですが、寝ているとものすごいヨダレが出る・・・(普段もベロベロに酔っぱらった後に寝ると出るけど。笑)。さらに、足がひん曲がったり、足の骨がボキボキに折れたり・・・といった嫌な(変な)夢ばかり見る。他にも、ものすごく悲しい夢を見て起きるとボロボロに泣いてしまったり、夢と現実が入り混じって困惑状態に起きるたびになった・・・。普段は起こらない症状なので、おそらくこれもステロイドの副作用なんだと思う。

もう生理的にステロイドは使いたいと思わない。今起こっていることは体の拒否反応であり、命の悲鳴だと直感的に感じるからだ。麻薬とも言われるステロイド。まさにその通りだなと。

いったんは消えた紫斑が足の甲いっぱいに広がっているのを見るたびにゲンナリしますが、これからは自力で治してやる。もう逃げ道も近道も早道も求めない。地道という本質的な王道で治す覚悟が決まった。もう一度、気力を高めなおそう。よし。
≪2016年3月21日(月)≫発症から44日目

紫斑は少し赤が茶色っぽくなり滲んできた。腫れないことだけを強く願う。ここから腫れたらおそらくあと3~4週間はかかると思う。腫れずに紫斑が消えることだけを祈るばかり。
≪2016年3月22日(火)≫発症から45日目

徐々に紫斑は薄れている。

外くるぶしの部分の皮がすごいめくれている・・・。

こっちは右。
≪2016年3月23日(水)≫発症から46日目

やはり少し腫れてきた・・・。月末からはセミナー主催もあるし、正直言ってもう待てない・・・。とはいえステロイドは使いたくないなあ。

もう一度この病気のことが分かる病院を探してみるが名古屋では全く出てこない。大きな病院や詳しそうなクリニックを探して明日分かる先生が見つかるまで電話し続けてみようと思う。
≪2016年3月24日(木)≫発症から47日目

今日は朝からアレルギー性の紫斑病に詳しそうな病院や個人クリニックに電話し、紫斑病の事例が多いところを探す。なかなか良い回答がなかったが、5軒目くらいにかけた名大病院で「過去に何度か対応している医師はいます」という返事があり、すぐに出発。

10時くらいに到着したが待ち時間だけで2時間でようやく診察。先生は確かに詳しかった。これまでの経緯を詳しく話した。足の状態を撮り続けた写メも見てくれたので理解もかなり早かった。

紫斑の再発はやはりステロイドを急に止めたのが原因だと。止めるタイミングは必ず医師と相談しながら止めてくださいと。でも、前回は病院で5日分しかもらっていないのに、次の予約はなぜか4月後半だったのは謎・・・。

どうやら私のような紫斑が消えてから歩けない状態がこれだけ長く続くケースはかなり稀らしい。それによってこれまで医師に言われたことと足の状況にギャップが生まれているのだと。

原因はやはり足首(特に外くるぶし)だそう。発端はやはり発症直後のスポーツ(ヨガ2回&ボルダリング&パーソナルトレーニング)とのこと。

中でもボルダリングは経験者なら分かると思いますが、専用のクライミングシューズ(靴)はめちゃくちゃキツい。しかも新調したばかりのプロ選手が愛用するソリューション(専門用語ですがダウントゥー型)がまだ皮がかなり固く足首を締め付ける&外くるぶしへの刺激が凄まじかったことによると。なので、足首に異常なまでに負担がかかり、その炎症がこれだけ歩けない状況を長引かせたのだと。全て納得。そして自業自得・・・。汗

また少し腫れだしていたので、あと1週間くらいで歩けるようにしたい旨を伝えると、やはりステロイドを服用するしかないという。紫斑病の場合はレクチゾールかプレドニンが通常使われるようですが、レクチゾールはクセがあって若い人には向かないんだとか(って、あまり若くないのですが・・・笑)。

私がプレドニンで寝れなかったのは、夜に2錠(空腹状態だったのも原因かも)飲んでいたことが原因の可能性が高いと。ホルモンの関係とか何とか言ってたかな。なので今後は朝と昼に1錠づつ飲めば解消できると思うと。

あと、赤十字病院から招待状をもらってきてないことは普通に怒られた。人として筋は通そう的な・・・。道徳心のある良い先生だった。後から聞いたら赤十字の皮膚科の先生はみんな名大病院出身らしく、知ってる人しかいないんだとか。今日見てもらった状況を全て手紙に書いてもらい、これを赤十字の皮膚科の先生に見せて今後はそっちで見てもらってくださいと。ここは素直に従おう。O先生ありがとうございました!※名古屋付近で病院を探している人は先生の名前も教えますのでご連絡ください。

というわけで、ようやく光は見えた。いったんは自然治癒のみでいく!と決心したわりに一貫性のない行動ですが、詳しい先生に診てもらったのは今回始めてだったので、とても安心した1日となった。
≪2016年3月25日(金)≫発症から48日目

ちょっとビクビクしながらステロイド再開。朝と昼に1錠づつ。確かに前回のようなハイな状態には全くならず。本当に同じ薬なの!?と疑いたくなるほど何も感じない。むしろ昼は眠すぎて昼寝をしたくらい。同時に前回のようにみるみる足の状態が良くなる感じもない・・・。まあ、ここは地道にいこう。
≪2016年3月26日(土)≫発症から49日目

ステロイド再開2日目。今回はステロイド服用による体調の変化は今のところ全くなし。順調だと思う。
≪2016年3月27日(日)≫発症から50日目

紫斑も徐々に消えつつある。心も穏やかだ。頑張ろう。

夜は少し歩いてみた。今までで一番痛みもない。左足首がまだ曲がりづらいので普通のスピードで歩けない&常に後ろに倒れそうになるが何とか歩ける。まだ無理は禁物だろうけど、徐々にトライしていこう。
≪2016年3月28日(月)≫発症から51日目

昨日の夜に少し歩いたので紫斑が増えたり、足首が腫れていないか心配だったが大丈夫だった。しかし、顔と首がむくんている。ムーンフェイスってやつなんだろうか。今日は無理せず車いすで過ごそう。
≪2016年3月29日(火)≫発症から52日目

病院へ行きステロイドを9日分もらう。これで最後にしたいなあ。今は杖を使えば事務所内も何とか歩けるが(とはいえ無理せず車いす生活)、まだ外に一人で歩くことは試していない。しかし、明日は自主開催のセミナーがあり、ありがたいことに参加申込も7名。もう逃げ道はない。これからは外に出る仕事も増える。悪化しないことだけを強く願うのみ。
≪2016年3月30日(水)≫発症から53日目

順調な回復をしていたので予定通り自己主催のセミナーを開催。杖を使って足を半分引きずりながら歩き、会場まではタクシーを使った。2時間のセミナーの中で1時間ちょっとは立っていた。セミナー終了後にちょっと足がズキズキしているなあと思ってスーツをめくると紫斑が再発しているのが発覚・・・。しかも紫斑の量は過去最高。

足首があまり動かない左足をかばってほぼ右足で歩いたり立ったりしていた為、紫斑は右足に集中。

ますますゴールが見えなくなった。

1歩進んで2歩下がるくらいならいいのだけど、この病気の場合、無理して1歩進むと20歩くらい下がることになる・・・。今一度、完治するまでの仕事の仕方も真剣に考えなければいけない。
≪2016年3月31日(木)≫発症から54日目

昨日、一気に悪化した状態が一気に回復をして歩けるようになった夢を見て起きる。いつもこの夢だ・・・。しかし悲劇のヒーローを気取ってる場合ではない。

右足に増えた紫斑は紫斑同士が重なりひどいヤケドをしたような見た目に・・・。

今回は靴下をはいていたラインから下は紫斑があまりない。どういう仕組みなのか正直よく分からない・・・。冷えたから?圧迫の影響?

そして以前はもがくほど痛かった足首の痛みは全くない。見た目は過去最高にひどいが全体的に痛みはなく、痛いというよりピリピリしている。この後に腫れや痛み出す可能性は十分にある。覚悟せねば。

ますますこの病気のことがよく分からなくなっているが、ハッキリしていることは完全に治るまでは絶対安静に徹しなければすぐに再発するということ。これだけは間違いない。「少し痛むけどそろそろ試しに歩いてみよう」といった行為は絶対に厳禁。完全に痛みはもちろん、他の違和感もなくなるまで安静にしよう。4月中旬に東京に行く予定が入っていたが、今日全てキャンセルをした。もう失敗はしない。したくない。がんばろう。
≪2016年4月1日(金)≫発症から55日目

継続して見た目は醜いが腫れや痛みは今のところ全くない。そして足首の痛みは拍子抜けするほど全くなし。2月発症時に味わった気が狂いそうな痛みがトラウマなのでかなり身構えていただけに拍子抜けする。ステロイドのおかげだろうか。この後、一気に腫れや痛みがくるのかもしれないが・・・。汗

痛みの根源だった外くるぶしはもうほとんど治っていることが痛みがない理由なのかな。

右の外くるぶしも見た目はかなり良い。

この2月~3月は外くるぶし痛みに苦しんでいただけに、今こうして見た目が過去最高に醜くてもなぜかあまり悲観していない。なんとなくの感覚ですが完治はそんなに遠くない気がする。勘違いかもですが・・・。ですが、しっかりと安静にしよう。
≪2016年4月2日(土)≫発症から56日目

特に状況に変化はなし。徐々に紫斑の色が薄くなっているような。
≪2016年4月3日(日)≫発症から57日目

今日もそこまで変化はなし。ネットスーパーをイオンからアピタに変更してみた。イオンの5,000円以上から送料が無料なのに対して、アピタは3,000円以上から無料となる。しかし、梱包はイオンの方が丁寧だ。私の住んでいる地域の場合、アピタの方が果物の種類が豊富。5年くらい前から朝食はフレッシュジュースのみにしていますので果物のバリエーションはとても大切。今後はアピタにチェンジしようかな。

紫斑が滲んで色が変わってきたなあ。
≪2016年4月4日(月)≫発症から58日目

特に変化なしの為、割愛します。
≪2016年4月5日(火)≫発症から59日目
特に変化なし。明日は自主開催セミナーで移動もある。40名前後の方が来てくださるのに車いすで対応というのが情けない。が、無理は絶対に禁物だ。
≪2016年4月6日(水)≫発症から60日目

紫斑は徐々に薄くなっております。

左の外くるぶしが少し痛む。

今日は夕方からセミナーがある。車いすで過ごすので悪化はしないとは思うが、移動時などは気をつけよう。
≪2016年4月7日(木)≫発症から61日目

昨日のセミナーではずっと車いすで過ごしたのでほぼノーダメージで終了。いやあ、良かった!

足首周りが少しだけ腫れただけ。痛みもなし。

今日は朝から病院へ。また紫斑が増えたことに先生も少し困惑していた・・・。ステロイドをさらに8日分(プレドニン1日2錠10mg)とステロイドをずっと飲んでいて胃が荒れるといけないのでということで胃薬(パリエット錠10mg)ももらう。今日は雨だったので処方箋薬局まで自力で行けず、急所Mさんに病院まで迎えに来てもらった。Mさん本当にありがとうございました!

にしても、病院の多目的トイレは車椅子の私にとってものすごく便利。通常のトイレだとめちゃくちゃ大変なんですよね。車椅子の間だけ家にも欲しい・・・。笑

そうそう。今日は栃木に住む同じ病気(同じ世代で同じ2月に発症)の方から「このブログを見た」とお電話を頂き、いろいろと情報交換しました。病気の認知度が低く、周りになかなか理解してもらいづらい中、こうして情報交換できるのはモチベーションにもなる。Nさんありがとうございました!これかも一緒に頑張りましょう!
≪2016年4月8日(金)≫発症から62日目

順調な回復だと思う。なるべくベッドで横になって過ごそう。焦れば焦るほど悪化した失敗をもう繰り返してはいけない。安静第一。絶対安静あるのみだ。
≪2016年4月9日(土)≫発症から63日目

先日のセミナーの時に少し腫れた足首もだいぶ腫れが引いた。紫斑もだいぶ消えている。かなり良い感じだ。
≪2016年4月10日(日)≫発症から64日目

順調です。安静の日々は続く。
≪2016年4月11日(月)≫発症から65日目

右足は完治が近いような気がする。左足の違和感はまだけっこうある。足首もあまり曲がらないんだよなあ。。。
≪2016年4月12日(火)≫発症から66日目

状況は良くなっているのですが、顔のむくみがどんどん大きくなっている。ムーンフェイスってやつですね。どうやら治すには減薬するか断薬するからしい。

今週は打合せが多いので一人の時には極力休みながら無理せずがんばろう。

頬がぷっくらしているの伝わりますかね?見た目だとそこまで分かりづらいかもしれませんが触ると焦ります。日に日に膨らんでいるのでそのうちオタフクソース状態になるかも。汗
≪2016年4月13日(水)≫発症から67日目

右足に関しては痛みは全くナシで、ほぼほぼ違和感さえなくなってきている。それに比べて左足はまだまだという感じですが・・・。とにかく安静あるのみ。安静の日々は続く。。。
≪2016年4月14日(木)≫発症から68日目

朝からスムージーで栄養補給。この習慣は病気になる前から5年くらい続けている。どれだけ健康に気を使っても病は来る時は突然来る。前触れもなく。ということを今回は学んだなと。

足の状況は過去最高に良いです。ここからいつも調子に乗って歩くことを試したくなる衝動にかられるが、もう同じミスはしません。ガマンガマン。

一番ひどかった右足内側の紫斑もほぼ消えました。

左外くるぶしも日に日に良くなっている。ここだけはまだときどき痛むことがあるが。

全体的にもいい感じです。
≪2016年4月15日(金)≫発症から69日目

今日は朝から病院へ。紫斑が消えていたので「まだ歩けませんか?」と医者に聞かれたが、「あんたのその言葉にはもう騙されません」と心の中でイラっとしつつ対応。

「紫斑が消える」=「治っている」が通例なのかもしれないけど、私のように全く関係がないケースもあるのでご注意を。明日からステロイド減薬することに(1日プレドニン10mgから5mgへ)。さあ、確実に完治に近づいてはいる。減薬による再発が怖いけれど徐々に前に進まねば。
≪2016年4月16日(土)≫発症から70日目

特に変化はないので割愛します。
≪2016年4月17日(日)≫発症から71日目

ステロイド減量は今日からスタート。いきなり1錠減らすのは怖かったので半錠の減薬。来週は今のところ打合せが少ないので回復に専念しよう。
※文字数制限がいっぱいになったので続きはその?へ↓↓↓

http://ameblo.jp/katu-a/entry-12151496800.html

ミネラルウォーター販売店


     同じテーブルの参加者は 私より若いようでもあり なかなか質問しにくいと感じたり 何を聞けば良いのか分からない という事も あったのかもしれません。   私はこの時 あと3個位聞きたい事が あったのですが 時間が無かった事と 見回りに来た司会者が 話をしにきた母親に 話題を振ってきて 聞けませんでした。   私は 人の気持ちを考えず 自分なりに 合理的に事を進めようとする 節があるので 結果 空気が読めてないようです。   *妊娠記録*11月25日 22w5d 体重54.1kg 基礎体温36.7℃・8時半頃、12時半頃、20時過ぎに軽度の胎動あり。15時半頃歩いていても分かる胎動あり。・15時半頃歩行中右下腹部に突っ張るような痛みあり。少し休む。・最近、肛門、臀部下辺りに胎動の振動感じる事あり。・入床後、しばらく右耳に「ドドドド」という低音の耳鳴りあり。・夜間トイレ→2回・kot→極少・スケール1、少・スケール1・ウォーキング→外出で疲れて中止・朝食→ゴマ生姜玄米ご飯、キムチ納豆、味付け海苔、バナナ、野菜ジュース(加塩加糖なし)・昼食(寅さんサミットにて)→みそつけたんぽ4分の3本、牛串2分の1本、豚串2分の1本、焼き熟成牛肉(サイコロ状)2個、よめなかせ(小さく切ったもの)2個、葱コロッケ1個、練りきり、抹茶、草団子2個、ミネラルウォーター・夕食→豚じゃが(豚切り落とし、じゃが芋、人参、玉葱、いんげん、エリンギ)、サラダ(キャベツ、人参、胡瓜)、味噌汁(ゴボウ、油揚げ、わかめ)、ミカン、ヨーグルト  




ミネラルウォーター 関連ツイート




ミネラルウォーター1日最低2リットル以上のむダイエット? 人の体内はほとんど水分!満腹感も得られるし、いいこといっぱい!
代謝が上がる
腸がキレイになる
体温が上がる
血液サラサラ・きれいになる
体内のデトックスができる
汗をかきやすくなる
リンパの流れが良くなる !





RT @kireininaru8644: 料理や野菜などに含まれている水分ではなく、水自体(ミネラルウォーター等)を1時間にコップ1杯飲むといいらしいですよ。このことを習慣化させると、脳梗塞が予防できるんだとか!
#美容 #健康





「小豆」と「ミネラルウォーター」と「砂糖」で「あんこ」が3個、「小豆」を「上等な小豆」に変えるだけで「あんこ」が10個できる……!





おっ俺は……どうしたらいいの……?えっととりあえず取り乱しすぎてこぼしたミネラルウォーター拭くとこからはじめるわ……(12/9/19)