安全性の比較

Pocket

体に入るものだから、おいしくて安全な水を飲みたいというのがウォーターサーバーを購入する人の基本的な考えです。
いくら安くても、いくらおしゃれでも、やはり安全な水でなければウォーターサーバーを設置する意味がありません。
特に原発事故によって水道水に対して放射性物質など不安な要素が増えています。
東日本大震災により水の備蓄を考える人も増えました。
こうしたことから、ウォーターサーバーを扱う会社では特に厳しく放射性物質の検査を行っています。
お水の安全性、サーバー本体の安全性、ボトルの安全性など様々な面から安全性の比較をしてみたいと思います。
ここではウォーターサーバーの安全面に力を入れているランキング上位の会社を比較しています。
人気ランキングの常連となっている有名なウォーターサーバーがランクインしています。
・「フレシャス」。
ウォーターサーバーには、セルフクリーン機能が搭載されていて、温水で常に内部をクリーンな状態へ保っています。
水は空気に触れずに採水して非加熱処理しています。
無菌エアレスバッグで水を密封しています。
・「富士の湧水」。
日本製のウォーターサーバーなので安心。
サーバーには、高温循環機能が搭載されていて、温水で常に内部を衛生的に保っています。
運営会社が大手であるという安心感がある。
・「コスモウォーター」。
ウォーターサーバーに、クリーンエアシステムが搭載されていて、ほんのわずかタンク内に入った空気も除菌してくれます。
ワンタッチの楽サーバーにすれば、下部にボトルを入れるのでサーバーの安定性が増します。
・「クリティア」。
サーバーは、エアレス構造になっていて空気が入りにくいようになっています。
水は空気に触れずに採水。
放射性物質検査は、他社では1ヶ月に1回のところ、1ヶ月に2回行っています。

検索ボックス

コメントは受け付けていません。