赤ちゃんに安心なウォーターサーバー

Pocket

赤ちゃんの体にも安心して使うことのできる水を扱うウォーターサーバーを比較します。
赤ちゃんにとって安心な水とは、マグネシウムなどミネラル分の少ない水、放射性物質などが混入していないかしっかり検査した水です。
ミネラル分が多いと、赤ちゃんは下痢をしてしまいます。
さらにウォーターサーバーで使うボトルにも注意が必要です。
ポリカボネートのボトルはホルモンの溶出が不安なので避けた方がいいです。
ウォーターサーバーで使われるボトルを比較すると、リターナブルボトルでこの素材を使っているケースが多いようです。
ワンウェイボトルで、ポリエチレン素材、PET素材のものを選ぶと安心です。
赤ちゃんに安心して使うことのできるウォーターサーバーをランキングにしました。
ランキングでは、銘柄、硬度、マグネシウム含有量、ボトルの材質、放射性物質検査の有無について比較しています。
1位「フレシャス」。
銘柄「フレシャス」、硬度21、マグネシウム1.9mg、ポリエチレン、放射性物質検査は毎月実施。
2位「キリンアクウィッシュ」。
銘柄「富士山まろやか天然水」、硬度21、マグネシウム1.9mg、ポリエチレン、放射性物質検査は毎月実施。
3位「富士の湧水」。
銘柄「富士の湧水」、硬度24、マグネシウム0.02mg、PET、放射性物質検査は毎月実施。
4位「サントリー天然水」。
銘柄「南アルプスの天然水」、硬度30、マグネシウム0.3mg、ポリエチレン、放射性物質検査は毎月実施。
5位「スマイルベビー水」。
銘柄「島根県金城町の水」、硬度40、マグネシウム0.04mg、PET、放射性物質検査は毎月実施。

検索ボックス

コメントは受け付けていません。